ペットを飼う時は責任をもって!ペットは家族の一員です。

しつけは最初が肝心

しつけは最初が肝心

犬のしつけって、実は子犬の頃にどれだけ覚えさせることができるかがとっても肝心なのです。

 

トイレトレーニングなども成犬になってからするよりも、3ヶ月や4ヶ月のときに覚えさせてしまうのが一番簡単で楽にしつけられます。

 

我が家の犬も子犬で来たときに出来る限り覚えさせて、人間と犬が快適に暮らせるように最低限のしつけやマナーは覚えさせました。

 

芸などはできなくてもいいのですが、やっぱり幸せに暮らしていくためには最低限のことは覚えてもらわないといけませんよね。

 

最初にトイレ、そしてマテやお座りなど基本的なことだけで今までやってきましたし、他の犬にもなれさせるように社会化トレーニングといって、小さなころに音や環境に慣れさせるように努力しましたよ。

 

最初はそれこそ家族の誰かがつきっきりでしつけをする状態でしたが、今ではそれを頑張ってよかったなぁと思います。

 

いい子に育つかどうかは飼い主のしつけ次第、それも最初が肝心ですから、頑張ってしつけたいですね。