ペットを飼う時は責任をもって!ペットは家族の一員です。

飼育の前に揃えるべき物

飼育の前に揃えるべき物

ここで熱帯魚の種類に問わず、揃えるべき物を紹介する。

 

■水槽
まずなければ話が始まらない、ガラス製やアクリル製の物を用意する。
サイズは小さすぎるものであると、水質の問題などが発生する率が高い為サイズは大きいに越した事はない。
最低でも45センチからの水槽を使用するのが好ましい。
水槽セットとして販売されているサイズは、一般的には60センチのものである。
もし飼育スペースに余裕が有るのであれば、60センチを購入するのも一つである。

 

■濾過器(フィルター)
水槽の水中の環境を保つために、熱帯魚の健康を保つ為には必要不可欠の物である。
様々な種類があるが、初めてであるのなら上部フィルター・底面フィルターを使用するのが無難である。

 

■水草・砂利
ある方が魚も落ち着くし、見栄えもいいだろう。
だが砂利についてはピンからキリまである為、出来るだけ貝殻なども混じっておらず水質に問題を生たさない物がいい。
砂利については実際ペットショップなどで店員に確認するのがいい。

 

■ライト
水草を取り付けるのなら必要である。
光がないと、当然植物である水草は育たない。
上手に水草が育たなければ、水質の状態や魚の健康に関わってきてしまう。
ライトは20Wで一灯よりかは二灯の物が好ましい。
水草を育てるという理由の他にも、光が指す方が魚の観察も、しやすいのである。
そして光があれば、魚だって過ごしやすい。